眼科クリニック大久手

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3丁目16-12
三貴ビルディング3F

052-731-8807

眼科クリニック大久手

  • 診療案内
  • 診療内容
  • HOME
  • 診療内容
  • 眼瞼痙攣・片側顔面痙攣等の治療について

眼瞼痙攣・片側顔面痙攣等の治療について

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)・片側顔面痙攣とは目の周囲や顔(頬や口元)の筋肉が収縮し、痙攣がおきる病気です。筋肉の痙攣を抑えるために、痙攣している筋肉にお薬を注射して、原因となっている神経の働きを抑え、筋肉の緊張を和らげることで症状を軽くします。 当院では資格を持った院長が、保険診療でこの注射による治療を行っています。

眼瞼痙攣の主な症状

  • まぶたや顔の一部がピクピクする
  • 目を開けていられずつぶっているほうが楽。
  • まばたきの回数が多い。
  • 光がまぶしい。

効果

患者様によって個人差がありますが、1回の注射でおよそ3~4ヶ月程度効果が持続する方が多いです。効果が切れる度に再度注射を行う必要があります。

安全性

保険収載されている認可を受けた安全な治療薬です。1回に使用されるのは少量であり身体への負担も少なく、治療時間も短くて済みますった危険もありません。
1回に使用されるのは少量のため、体への負担も少なく、治療時間も短くて済みます。

費用

1回の費用
(診察代込)

  • 保険3割負担15,980円
  • 保険1割負担5,390円

※初診の場合は別途初診料がかかります。また、薬が出た場合は別途処方料がかかります。